当事務所の当事務所の解決事例

【少年事件で不処分となった案件】  検察官逆送の可能性の高かった案件で,審判で不処分となったケース

2019年1月20日

 未成年のB君は,SNSで知り合った女子中学生と親しくなり,実際に会うようにもなりました。
 B君は,個人的に女子中学生と交際をすることとなり,2人でホテルに行くこともありました。
 相手の女子中学生が補導されたことをきっかけに,B君との交際のことが,警察官に発覚することとなりました。女子中学生は,当時,13歳だったので,条例違反ではなく,刑法犯として捜査を受けることとなりました。
 B君は,容疑のある事実を認めていたためか,身柄を拘束されることはなかったのですが,容疑となった犯罪は,裁判員対象事件となる重いものでした。
 当事務所の弁護士は,告訴をした女子中学生の親権者と連絡をとり,示談交渉の末,告訴の取消をしてもらうことができました。
 告訴の取消書を捜査担当検察官に提出した後,家庭裁判所で,B君の少年事件審判が開かれました。既に告訴が取り消されていたこともあり,審判の結果は,不処分となりました。



 


■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。