当事務所のよくあるご相談例

当事務所のよくあるご相談例を検索

【完黙していいんですか?】
Q.私は、強盗殺人の共犯として逮捕された者ですが、国選弁護人から「冤罪だと言うなら、絶対に取り調べに応じたらあかん。房からも出たらあかん。完全黙秘で戦うからな!」と言われています。しかし他方で、取調担当の刑事からは①「逮捕された被疑者には取調受忍義務というものがある。」②「弁護士から受忍義務がないと聞いてたとしたら間違いやで。そんな弁護士に頼んで、言うこと聞いてたら大変なことになるで。」と言われています。この弁護人を信じて完黙でいった方が良いのでしょうか?

A.冤罪ならば、完全黙秘という対応は十分に合理性があります。
これに対し、取調担当の刑事の上記対応は違法である可能性があります。すなわち、①は、学説上争いがあり判例でも決着の付いていない問題であるのに、義務ありと決め付けている点で不当ですし(黙秘権を保障する憲法38条1項に抵触)、この誤った情報を...


詳細はこちら >>

■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのご相談予約

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所のよくあるご相談例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。