当事務所のよくある質問

【窃盗事犯の逮捕のおそれ】  私は,出来心で,同じ大学の友人の腕時計を盗んで,転売してしまいました。そのことが友人にばれ,謝ったのですが,友人は激怒して許してくれません。警察に届けるとも言っていましたが,この先,私は,逮捕されることになりますか?

2013年7月28日

「罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があるとき」は,30万円以下の罰金,拘留又は科料に当たる罪でなければ,逮捕することができます(刑事訴訟法199条)。
 窃盗の法定刑は10年以下の懲役または50万円以下の罰金です。このため,逮捕されるおそれが全くないとは言えません。
 実際の取扱いとしては,初犯で,比較的重大とはいえない犯罪で,勾留の要件もないと見込まれるケースでは,逮捕はせずに,在宅のまま捜査することが多いようです。
 本件のケースでも,逮捕のおそれは低いと思われますが,不安であれば,所轄の警察署へ行き,被害届が既に受理されているかどうかを確認されてはどうでしょうか。被害届が受理されていないのであれば,自首をし(刑法42条),自首調書を作成してもらっておくことをお勧めします。


■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのご相談予約

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所のよくあるご相談例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。