当事者別弁護方針

刑事事件には的確な見込に基づく迅速な対応が不可欠です。検察官出身の弁護士が事件に応じた適切な弁護活動で、バッグアップをします。また、数多くの行政訴訟事件を担当した実績より、外国人の方の在留資格問題もフォローします。

公務員の方による犯罪の弁護方針

公務員の方が禁錮刑・懲役刑の有罪判決を受けた場合、執行猶予が付された場合でも、通常は、失職は免れません。たとえ、飲酒運転・無免許運転の場合でも、前科によっては懲役刑の判決を受けることがあり、起訴のおそれがある場合、罰金刑にとどまるようできる限りの活動をしておく必要があります。

「公務員の方による犯罪の弁護方針」について詳しくはこちらから

外国人の退去強制手続に備えた弁護士による活動

まずは、退去強制該当事由があるとの認定に対し、異議意見を申し立てておきます。異議が認められない場合に備え、在留特別許可の申請をしておきます。

「外国人の方による犯罪の弁護方針」について詳しくはこちらから

少年事件での弁護士の活動

家庭裁判所送致前には弁護人として、送致後は付添人として、少年と面会したり、捜査機関、家庭裁判所に対する働きかけを介して、少年の立場を保護をします。

「少年事件の弁護方針」について詳しくはこちらから

■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。