当事務所の当事務所の解決事例

【少年事件での不処分決定】  高校生のU君は盗撮で現行犯人逮捕されましたが,家庭裁判所での審判では不処分の決定を受けました。(奈良県香芝市・Uさん)

2014年6月27日

 U君は,盗撮で現行犯人逮捕されましたが,観護措置決定とならず,自宅に戻ることができました。このため,学校にも通学を続けることができ,学校側からのフォローを受けることもできました。
 在宅のまま,家庭裁判所での保護事件が調査され,審判を受けることとなりましたが,当事務所の弁護士が付添人として,保護事件で活動することとなりました。まず,送致後まもなく調査官との面談を了し,調査官との意思疎通のとりやすい状況を確保しました。調査官からの助言を受けて社会内でのカウンセリングの体制を整えるなどした結果,審判では,無事,不処分の決定を受けることができました。


■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。