当事務所の当事務所の解決事例

【ちかん事件での保釈,執行猶予付き判決】 ちかんの常習犯として,強制わいせつで起訴されましたが,保釈の後,執行猶予付きの判決を受けました。 (奈良県生駒市・Kさん)

2013年7月19日

Kさんは,ちかんの常習者で,これまでも公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反により,3回,逮捕勾留されたことがありました。今回,Kさんは強制わいせつの嫌疑で逮捕勾留されましたが,Kさんのご家族が心配して,当事務所の弁護士に依頼をされました。Kさんは,会社員であり,勤務先には逮捕・勾留されたことを伏せていたため,早期の釈放を望んでいました。起訴前での告訴の取り下げには至らず,Kさんは起訴されてしまいましたが,起訴後直ちに保釈が許可され,Kさんは職場に復帰することができました。裁判では情状立証を尽くし,無事に執行猶予付きの判決を受けることもできました。



■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。