当事務所の当事務所の解決事例

【窃盗事件で不起訴処分】 窃盗の嫌疑で勾留された事案で、被害者との示談未了のまま、起訴猶予処分を受けました。 (奈良市・Cさん)

2013年7月5日

 Cさんはサラリーマンですが、窃盗事件で逮捕・勾留されました。Cさんの家族は起訴を避けるため、被害者との示談を強く求められ、担当弁護士は、被害者との示談を試みました。なかなか被害者との示談が進まず、示談交渉のため、検察官に5日間だけ勾留期間の延長をお願いし、その後も、弁護士は、検察官に対し、逐一、示談の進捗状況を報告することにしました。
 被害者側の事情は不明ですが、被害者との連絡が不通となり、示談交渉も頓挫しました。弁護士は、それまでの仔細な被害者との交渉経過を上申書として作成し、検察官に提出しました。結論としては、弁償金を支払わなかったものの、Cさんは起訴猶予処分となり、前科がつかず、釈放されることとなりました。



■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。