当事務所のよくある質問

【覚せい剤使用と所持での量刑】  覚せい剤の所持で逮捕されましたが,逮捕前に覚せい剤を使用しており,所持と使用の2つの事実で起訴されました。初犯で保釈中ですが,所持と使用の2つの事実の場合,その分,量刑が重くなるのですか?

2013年10月4日

 覚せい剤所持が営利目的でない限り,初犯の場合,所持量によって,懲役1年半か2年の求刑になると見込まれます。
 これに覚せい剤使用罪が加わっても,量刑には変わりはないはずです。逮捕時に覚せい剤を所持していた事実が揺るがいない以上,これを逮捕直前に使用していたか,使用していなかっただけの違いしかなく,そのことで情状に大きな変わりがないからです。よって,懲役1年半か2年,3~4年間の執行猶予という判決が見込まれます。
 ただし,覚せい剤取締法違反は,2回目からは,格段に厳しい処罰となりますので,くれぐれも2回目の検挙がないようにしてください。





■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。