当事務所のよくある質問

【外国人との偽装結婚】  友人に頼まれ,その知人の日本人男性に外国国籍の女性を紹介したのですが,その友人が知人の日本人男性と外国国籍の女性との「偽装結婚」を理由に逮捕されてしまいました。友人のしたことは何罪となるのですか?私も逮捕される危険がありますか?

2013年10月4日

結婚の意思がないのに,外国国籍の人が「日本人の配偶者」という在留資格を獲得する目的で日本人との婚姻届を出すことは,公正証書原本不実記載罪(刑法157条)に当たります。
 同罪の法定刑は,5年以下の懲役,50万円以下の罰金です。
 友人が逮捕されたということは,友人も「偽装結婚」であることを知っており,その目的で知人男性と外国国籍の女性を紹介したという嫌疑を受けているものと思われます。警察官に対する友人の供述次第では,あなたにも,同様の嫌疑が及ぶおそれはあります。 


■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。