当事務所のよくある質問

【取調べを受けるに当たっての注意】  身に覚えのない,ちかん容疑で,これまで何度か警察署への呼び出しを受けています。警察官からは,次回,警察署に出頭した際は,調書を作成すると言われています。取調べを受けるに当たって注意すべきことは何ですか。

2013年10月2日

警察署で作成された供述録取書は,後に検察官へ事件が送致される際に記録として送られます。あなたの供述録取書も,検察官は,事件の起訴・不起訴を決定する際の判断資料となります。
 供述録取書に何が書かれるかは後に重要となるなので,自分の言い分が正確に記載されているかを,取調時に充分に確認するようにしてください。いったん出来上がった調書は確認する機会があるので,ニュアンスが異なるなど納得のいかない記載がある場合には,訂正を求めるようにしましょう。供述録取書の末尾には署名・指印(押印)を求められますが,これは,記載内容に間違いないということを確認したという趣旨ですので,自分の話したことと異なる記載のある調書には,署名・指印をする必要はありません。納得ができる内容の調書であると確認できた場合のみ,調書に署名・指印をするようにしてください。
 また,任意出頭後の取調べが長時間にわたり,夜間に及ぶようなことがあれば,無理に警察署に留まる必要はありません。帰宅をする自由はあるので,体調が悪いなどの事情がある場合には,遠慮なく帰宅されても差し支えありません。


■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。