当事務所のよくある質問

【速度違反と前科】 先日,自動車運転中に覆面パトカーに捕まり,100キロメートル速度を超過しているとのことでした。警察官から反則キップで済まず,この先,警察署にも来てもらうこととなると言われました。僕は,この先,どうなるのでしょう?

2013年7月28日

速度違反であっても毎時100キロメートル超過ともなると,反則金の納付で済ますことはできません。
 道路交通法違反事件として刑事手続で処理されることとなります。ここまでの速度超過に及べば,これまでの違反歴にかかわらず,いきなり懲役刑を求刑され,正式裁判を受けるおそれが高いです。
 もし,職業上,懲役刑前科が付くと著しい不都合のある方の場合には,できるだけ早く弁護士に相談することをお勧めします。


■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。