当事務所のよくある質問

【不起訴処分とその後の就職活動】  詐欺の容疑で逮捕・勾留されましたが,起訴をされず,不起訴処分で釈放されました。ただ,今回,捕まったことで,勤務先を解雇されてしまい,これから就職活動をしなければなりません。警察に捕まったことがあることで,就職活動上,不利なことにはなりませんか。

2013年7月27日

裁判所で有罪の判決を受け,刑を言い渡した判決が確定しない限り,犯罪者名簿に登載されることはありません。
 このため,通常の社会生活を送るに当たって,不起訴処分となったことで不利益が生じるおそれはありません。就職活動をする際,履歴書の提出を求められると思いますが,履歴書の賞罰欄に記載する必要もありません。
 ただ,警察署の前科前歴データには検挙され不起訴処分となったことは残りますので,将来,犯罪に及ぶようなことがあった場合には,その前歴が不利益な事情とされることはあります。


■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。