当事務所のよくある質問

【少年事件の審判の管轄】 高校生16歳の息子が大阪市内で財布の置き引き事件を起こして,大阪府警に逮捕されました。翌日,釈放されたのですが,息子は,その後も大阪市内の警察署まで取調べのために出向いています。警察の人から,この先,家庭裁判所から呼び出しがあると聞いていますが,この時,出頭するのは大阪家庭裁判所ですか?私たち親子は奈良県橿原市に住んでいます。

2013年7月26日

少年事件の管轄は,少年の行為地(非行場所),少年の住所・居所または現在地とされています(少年法5条1項)。少年事件の場合は,少年のみならず,少年の家族や学校に対しても調査が必要であるためか,ほとんどの場合,少年の住所地にある家庭裁判所で審判が行われるようです。
本件のケースでも,奈良家庭裁判所葛城支部で審判を行われることとなると思われます。


■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。