当事務所のよくある質問

【勾留中の面会・差入れ】  遠方に住んでいる弟が勾留され,警察署の留置場にいると聞きました。私が警察署まで行って弟に会うことはできますか。また,留置場でもお金は必要ですか。

2013年7月26日

勾留後には,一般の方でも,原則,面会することはできます。ただし,接見禁止決定が出されている場合は,弁護人以外の人は会うことはできません。また,手紙のやりとりも禁止されます。
 接見禁止が出されている場合でも,衣服や現金の差入れをすることは可能です。留置場の中でも,食事は出されますが,「自弁」といってお金を払って外部のお弁当や副食品を買うことができます。また,切手や封筒を購入するためにもお金が必要となることもありますので,現金の差入れは本人に喜ばれることでしょう。


■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。