当事務所のよくある質問

【少年事件での逮捕後の身柄拘束】 16歳の高校生ですが,恐喝事件を起こし,逮捕されてしまいました。 少年でも,逮捕後も引き続き,成人と同じように身柄を拘束されるのでしょうか。

2013年7月21日

逮捕の時間制限である48時間後,釈放される場合もありますが,少年であっても,引き続き身柄拘束されることはあります。
ただ,その後の身柄拘束は,成人の場合とは異なります。
少年の場合は,原則,勾留に代わる観護措置として,10日間を限度とする身柄拘束となり,「やむを得ない場合」(少年法48条1項)に限って,成人と同様に勾留されることもあります。
勾留に代わる観護措置となった場合,勾留の場合と異なり,接見禁止決定が付されることはありませんし,勾留期間の延長もありません。
これらの点で,少年については,成人と異なる配慮がされています。


■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。