当事務所のトピックス・ニュース

【特殊詐欺事件に日本郵便も対策開始】  日本郵便が,現金が入れられているおそれのあるレターパックにつき,X線検査を実施する方針を明らかにしました。

2014年7月6日

 これまで,日本郵便は,通信の秘密を尊重し,郵便物の内容については,調査しない方針を厳守してきました。近時,その方針を悪用し,レターパックで現金を郵送させる特殊詐欺事案が急増しました。日本郵便も,総務省等と協議の上,これまでの方針を転換させることを明らかにしました。
 現金を郵送するには,現金書留を利用すべきであり,現金書留でないレターパックで現金を郵送させることは,郵便法で禁じられています。ところが,これまでは,レターパックでの現金郵送が野放し状態とされていたのです。
 今後は,日本郵便は,レターパックの送付先住所をリスト化し,過去に特殊詐欺に利用された住所を送付先とするレターパックについては,X線検査を実施し,在中物が現金でないかを確認し,現金であると判明した場合は,郵便法違反嫌疑事案として警察署へ通報することとするとのことです。
 レターパックで現金を郵送するよう指示を受けた場合,特殊詐欺の被害に遭っているとことを警戒した方がよさそうです。


■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。