事件別弁護方針

刑事事件には的確な見込に基づく迅速な対応が不可欠です。検察官出身の弁護士が事件に応じた適切な弁護活動で、バッグアップをします。

痴漢行為の弁護方針

まずは、嫌疑のかかった事実が本当に間違いないのか、事実を争うべきかどうかによって、弁護の方針は大きく異なります。逮捕後にできるだけ早く弁護士が接見を行い、ご本人から直接、事実の内容を確認する必要があります。事実が間違いない場合には、素直に事実を認め、反省すべき態度を示すべきと思われます。

「痴漢行為の弁護方針」について詳しくはこちらから

児童買春の弁護方針

事件が明るみになることをおそれ、1人で抱え込むことは得策ではありません。一刻も早く弁護士に相談されることをお勧めします。相手方との対応とともに、刑事事件の対応についても、ご相談下さい。事件か周囲に明るみになるのは、逮捕・勾留により身柄拘束を受けるためと思われますが、それを回避するためにも、「自首」をしておくべきです。

「児童買春の弁護方針」について詳しくはこちらから

盗撮の弁護方針

勾留請求をされた場合には、早期の釈放を目指すため、被害者との示談交渉を進めること、ご本人が深く反省していること、親族等の監督が万全であること、身柄拘束が続くと、職を失うおそれがあることなどを検察官に示していく必要があります。

「盗撮の弁護方針」について詳しくはこちらから

飲酒・無免許運転の弁護方針

飲酒の上、運転したこと、無免許で運転したことは、警察官の交通検問等で発覚するのが一般的と思われます。現に運転している場面が警察官に確認された場合、事実を争いようがないと思います。一般的には、事実を争わない姿勢を示し、逮捕を回避するのが得策と考えられます。

「飲酒・無免許運転の弁護方針」について詳しくはこちらから

交通事故の弁護方針

事故現場での実況見分の立会をする前に、弁護士との接見を済ませておくことをお勧めします。事故の状況が正確に実況見分調書として作成させるよう、現場でどのような対応をすべきか、弁護士からアドバイスを受けておくべきと思われます。

「交通事故の弁護方針」について詳しくはこちらから

覚せい剤事件の弁護方針

捜査の方法に問題がある場合にも、接見に来た弁護士に詳しく説明をし、今後の弁護方針を相談された方がよいと思われます。

「覚せい剤事件の弁護方針」について詳しくはこちらから

殺人・傷害致死の弁護方針

唯一接見できる弁護士に対し、充分に取り調べの様子などを報告し、その都度アドバイスを受けるようにしてください。弁護士のアドバイスに従い、納得のできない内容の供述調書が作成されることがないようにしてください。

「殺人・傷害致死の弁護方針」について詳しくはこちらから

■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。