弁護士費用

ご要望に応じ、事前に分かりやすい見積書を
作成いたします。

見積書を十分にご検討いただいた上で、ご依頼されるかどうかお決め下さい。


当事務所では、固定費用制度を採用しています。

当事務所では、実費以外には、固定の(1)着手金、(2)報酬金以外はいただきませんので、安心してご利用いただくことができます。また、預託金等の預かりを求めることもありません。

なお、お見積もりにかかる費用は無料です。

(※費用はすべて税抜表示です)

弁護士費用のご説明

1.弁護士報酬

着手金

事件に着手する際にお支払いいただく金額です。

報酬金

事件が一定の成果を得て解決した場合にお支払いいただく金額です。

2.実費

交通費や切手代、証拠書類のコピー料金等、実際に生じた費用額です。当事務所では、あらかじめ一定額をお預かりし、事件終了時に、実際に発生した費用を精算して残額をお返しする方式を採っております。

また、複数の弁護士で事件対応をさせていただくことがありますが、そのために弁護士費用が増えることはありません。

弁護活動中、事件によっては、示談交渉、勾留執行停止・勾留取消・接見禁止解除・保釈請求等の請求等が必要となることがありますが、すべて当初の着手金でさせていただきますので、その度に、費用が発生することはありません。

標準的な当法律事務所の弁護士費用

1.刑事事件

起訴前の依頼

着手金
身柄を拘束されていない事件 30万円
身柄を拘束されている事件 50万円
報酬金
身柄を拘束されていない事件で不起訴となった場合 30万円
身柄を拘束されている事件で罰金の略式命令・不起訴により釈放された場合 20万円

起訴後の依頼

着手金
身柄を拘束されていない事件 20万円
身柄を拘束されている事件 30万円
報酬金
執行猶予がついた場合 30万円

罪を認めている場合には、起訴前に当事務所に依頼いただいていた場合、報酬金のみで新たな着手金はいただきません。

無罪・一部無罪を争う場合

起訴前の着手金以外に、起訴段階で下記の着手金・報酬金をいただきます。

着手金
身柄を拘束されていない事件 30万円
身柄を拘束されている事件 50万円
報酬金
一部無罪の判決を受けた場合 50万円
無罪判決を受けた場合 100万円

2.少年事件

着手金
身柄を拘束されていない事件 30万円
身柄を拘束されている事件 50万円
成功報酬
逮捕後、家庭裁判所送致前に身柄が釈放された場合 30万円
審判の結果、身柄が釈放された場合 20万円
審判において、非行事実を争い、非行事実なしの審判を受けた場合 50万円

3.外国人の方に対する退去強制手続

着手金
法務大臣の裁決に対する異議申立 20万円
取消訴訟等行政訴訟の提起 40万円
成功報酬
退去強制を回避できた場合 50万円

■お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

■メールでのお問い合わせ

メールフォームはこちら
  • よくある質問

    よくある質問に対し、弁護士が回答しています。

  • ご相談の流れ

    まずは、お電話で当事務所でのご相談のご予約をお願いします。

  • 弁護士費用

    固定費用制度を採用しており、安心して刑事事件・少年事件のご相談をして頂けます。

  • 当事務所の解決事例

    当事務所で解決した刑事事件・少年事件例です。

  • ニュース&トピックス

    当事務所のトピックスとニュースです。